こんにちは。
記念すべきガジェット1記事目は「モバイルバッテリー」についてです。
この記事を呼んで下さっている貴方はモバイルバッテリーを使っていますか?
私は現在2個持っていて、遠征した時などに物凄く役立っています。
最近は低価格化や各メーカーから豊富な種類が出てきており、かなり選べる様になってきました。
通販サイトで検索してどんな商品があるのか眺めるだけで楽しいです♪

今回は私が使っている2つのバッテリーを紹介してみたいと思います。
1つはかなり長く使っていますが、2つ目の大きい物はつい最近ある理由で買い足しました。





左:cheero Power Plus2
容量10400mAh ¥4,187
出力ポート 5V2.1A/5V1A
使用歴3年

右:Poweradd Pilot X7
容量20000mAh ¥1,999
出力ポート 5V3.4A×2
使用歴1ヶ月

※値段は購入時の物です。

この記事を書いてて改めてcheeroのバッテリー
もう3年も使ってるんだ・・・とシミジミしています^^;
3年の割には使用頻度はかなり低かったので、まだまだ使えます。


いや、それ以上に値段に驚いています。
Amazonで購入した物だったのですが、いくらで買ったのか完全に忘れていたので購入履歴を調べてみると・・    
 ¥4,187                たかーっ!!!笑
今となっては容量10000mAhくらいで4000円超えとはコスパが悪すぎますね。
いや、Poweraddの方はコスパが良すぎるという話もあると思います(汗)

しかしそれだけ3年の歳月で更にモバイルバッテリーの低価格が進んだという事でしょう。

貴方は家電量販店などで売っているモバイルバッテリーを見かけた事はありますか?
この記事を呼んだ後に量販店の物を見ると、恐らく買う気が無くなると思われます。
何故なら量販店で売られている物は通販サイトの価格帯から見れば、ぼったくりとすら思ってしまうほどコスパが悪い物ばかりだからです。

大体バッテリー容量2~3000mAhの物で¥3,000とか
容量と値段が近いものばかり なのです。
店舗や人件費の関係でここまで価格の差が開いてしまうのでしょうかね?
何にせよ選ぶ際に通販での購入をオススメします。


最後にモバイルバッテリーの使用頻度が少ないのに、何故倍近い容量の物を買い足したのかですが
私は2年前からキャンプをする様になり、その際にスマホの充電以外にもUSB給電による照明や扇風機などを
使うため10000mAhのバッテリー1つでは心配になって買い足したという訳です。

そうですね、キャンプ時専用バッテリーと言っても過言ではありません^^;
そのキャンプ時の写真がこちら↓

遠目の写真ですが、テント中の電力を担ってもらってます♪
またここで使用しているUSB照明やUSB扇風機なども今後の記事で紹介していきたいと思います!

by カエレバ