2017年8月10(木)
イラストコミュニケーションサイトのPixivからイベントで個人間でのクレジットカード決済が可能なサービス
「Pixiv PAY」
がリリースされました。
※現時点ではiOS版のみ、Android版は今冬に実装予定とのこと。
※現時点でのクレジットカード取扱はVISA/MasterCardのみ。
 ただしPixivが提供する関連サービス(BOOTH)で登録してるカード情報が引き継ぎ可能とのこと。

価格:無料


このPixiv PAYは対面した状況でのコミケを始めとする様々な即売会イベントや、その他個人同士での売買においてオンライン決済を実現してくれるサービスです。






支払いの流れは
①まず請求者が出品を登録
 ※振込先登録
↓
②請求者が自分の端末で商品のQRコードを作成・表示
↓
③購入者が請求者の端末で表示されたQRコードを、自分の端末で読取・支払
 ※クレジットカード情報登録
↓
④商品の受け渡し
以上が大まかな流れになります。


実際に使ってみる
アプリを起動したらまずログインし設定から請求者は振込先を、購入者はクレジットカードを登録しましょう。



それぞれ登録が終わりました。
次は請求者が商品の出品登録をしましょう。
↓こちらがホーム画面になります。何やら肉が登録されていますが無視で(笑)

商品の管理から出品登録ができます。


商品の写真、商品名、価格を設定。
例として管理人の端末フォルダから適当に写真を選んで適当に価格設定^^;
※登録できる商品の値段は¥30,000までしか設定できません。



商品の登録が出来たので、ここから決済が可能になります。
請求者はホーム画面から「販売を開始」をタップ。

すると会計画面に切り替わります。
商品と個数をタップすると金額が表示されるので、そのまま「QRコードお会計」をタップしてQRコードを作成します。
※商品の合計金額が¥30,000を超える場合はQRコードを作成することが出来ません。
そして購入者が表示されたQRコードをホーム画面の右下「支払う」をタップし、端末のカメラで読取支払となります。


大分駆け足の説明になりましたが、いかがでしょうか?
確かにこれなら購入者は混雑しまくるコミケなどで現金を持ち歩く必要が無くなります。
さらには決済が早く済むので、すぐに次の島へ出向くことが出来ます(笑)

購入側はジャラジャラ小銭を持ち歩く必要がない。
出品側は決済過程を簡略化し、売り上げ管理も楽になる。
お互いにメリットが大きいのではないでしょうか^^
ただし当たり前ですが購入出品の両方がアプリを端末にDLしておく必要があります。

そしてこの記事を書いているのが2017年8月10日。
そして明日8月11日から3日間に渡り夏コミC92が開催されます。
完全に狙ってのサービスリリースですよね(笑)
早速明日からこのPixiv PAYを導入してくるサークルさんもいるかと思います。
体調管理だけには注意して、楽しい3日間をお過ごし下さい!

※最後に注意点~決済手数料について
購入者:無料
請求者:現在は無料(キャンペーン期間2017年12月末まで)
    以降は一会計につき、決済手数料3.6%+10円