日本時間2017年9月13日2時よりAppleが開催した毎年恒例の新製品発表会イベント。
今回何が新たに登場したのか、そのまとめをお届けします。

image:©City of Cupertino

今年の発表会には今年新たにカルフォルニア州クパチーノに新設されたAppleの新本社、『Apple park』にて開催されました。

今年はiPhoneが発売され10周年目ということで、毎年のアップデートとは違く10年を記念した特別モデルが登場すると長く噂されていましたが、やはり登場しました。

iPhone以外にも新製品の発表がありザッとまとめると、Apple Watch Series3、Apple TV 4K、iPhone8/8 Plus、iPhoneXなどが発表されました。

それではどうぞ。

スポンサードリンク



Apple Watch Series3

screenshot:©Apple Watch Series 3

Appleの腕時計型デバイス Apple Watchの3代目が登場です。

4種類のモデル展開になります。

9月15日予約開始、同月22日発売開始。

価格

¥36,800円から(税抜)

主な特徴
・基本iPhoneとセットで持ち歩く事で運用出来るものだったが、今回からiPhoneと離れていても使えるGPS+Cellularモデルが追加。単独でメッセージの受信や電話、マップを開く事も出来ます。

・前機種より70%の速度UP、Wi-Fi速度は85%UP、パワー効率は50%UP。

・ディスプレイ自体がアンテナと機能し、サイズは殆ど変更なし。

・各局と繋ぎスポーツやニュースのライブを視聴可能。

・高クオリティのゲームをプレイできる。

Apple TV 4K

screenshot:©Apple TV 4K

こちらもApple TVでは3代目のモデルとなります。

9月15日予約開始、同月22日発売開始。

価格

32GBモデル:¥19,800円(税抜)

64GBモデル:¥21,800円(税抜)

主な特徴
・高品質なピクセルが生み出す4K HDR動画に対応。

・大手配給会社が多くの4K HDRコンテンツを展開。

・高速な処理速度を持つ64ビットアーキテクチャ搭載A10X Fusionチップが搭載。

iPhone8/8Plus

screenshot:©iPhone8

第11世代目のiPhoneの登場です。

iPhone4sの時代から例年通りならばiPhone7が去年出たら、次の年はマイナーアップモデルのiPhone7sというs機種が出るのがパターンでしたが10年という節目からか数字を変えてきました。

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開。

9月15日予約開始、同月22日発売開始。

価格

iPhone8
64GBモデル:¥78,800円(税抜)

256GBモデル:95,800円(税抜)

iPhone8Plus
64GBモデル:¥89,800円(税抜)

256GBモデル:¥106,800円(税抜)

iPhone8Plus
主な特徴
・iPhone4、4sを思い出させる全面背面にガラス素材を採用。

・新しい64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ搭載し最大70%高速に。

・iPhone7よりも大きなステレオスピーカー搭載で更に音量UP。

・カメラにフィルター機能、証明の雰囲気を変更できる機能ポートレートライティングが追加。

・動画撮影においては4K動画を60fpsに、1080pは240fpsまで対応。

・AR技術を使ったゲームを楽しむ事ができる。

・Qi(チー)規格を使ったワイヤレス無線充電に対応。(充電スタンドは別売)

iPhoneX

screenshot:©iPhoneX

お待たせしました!

10周年記念モデルがやはり発表されました。
iPhoneX(テン)、エックスではなくテンです。

Xにしかない魅力的な機能があってまさにプレミアムモデルですが、その分価格も過去最高クラスにプレミアムなものになっています。

カラーはシルバーとスペースグレイの2色展開。

10月27日予約開始、11月3日発売開始。
iPhone8とは違い遅めの発売となります。

値段

64GBモデル:112,800円(税抜)

256GBモデル:129,800円(税抜)

主な特徴
・ベゼルレス端末で液晶サイズは5.8インチまで拡大。

・2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppiのSuper Retina HDディスプレイ搭載。

・画面をタップするとスリープから起動、スワイプアップ操作でホーム画面に戻ります。

・新しいTrueDepthカメラで顔認証ロックシステムFace IDの新しいアンロック方法が登場。
双子や散髪したり帽子を被っていても認識し、100万回に1度誤認識する高精度。
※これまでの指紋認証システムTouch IDは非搭載。

・メッセージなどで使う絵文字に対して自分の顔で角度や表情を表現可能。

・広角・望遠レンズ両方にデュアル光学式手ぶれ補正を搭載。

スポンサードリンク