スポンサードリンク



どうも、でんたん(dentan_gadget)です。

いよいよ本日11月3日はAppleのiPhone10周年記念モデルiPhoneXの発売日となりました。

ガジェットの海でも当日販売分の予約合戦を何とか勝つことができ、本日手元に届いたので早速開封してファーストインプレッションをお伝えしていきます。

開封

余計な前置きは無しでいきます。

パカッ。

箱を開けて最初に出てくる包みには、林檎シールを始めとするいつもの。

内容物はiPhoneX、充電用USBプラグ、Lightningコネクタ、EarPodsとこれもいつもの布陣。

あっ、EarPodsの後ろにはこれが!
Lightningからイヤホンジャックへ変換するコネクタ。
私はiPhone7Plus時代も一切使うことはなかったので、即無用の長物です。

ドンッ!
一瞬スペースグレイモデルを買ったかと思いそうになりましたが、今回から全画面が液晶となっているので今までのブラック色以外の端末にあった白いベゼル部分は無くなっています。

裏面。
縦に配置されたデュアルレンズがひときわ目立っていますね。

少し私の前機種である7Plusと比較してみます。
液晶サイズは7Plusが5.5インチ、Xが5.8インチです。
Xは本体サイズは7Plusよりも小型化してるものの、ベゼルが無くなったことにより液晶サイズは7Plusよりも大型化しています。

背面素材に使われているのは7Plusがアルミ素材、Xがガラス素材ということでiPhone4、4Sを思い出す人もいると思います。
背面もガラスということは、落とすと当然割れます!

スポンサードリンク



写真からは分かりづらいかもしれないですが、アルミの7Plusに対して明らかに透明感のある艶を放っているX。

更に側面にも特徴があり、同じアルミだった7Plusとは違いXは鏡面仕上げされたステンレス素材が使われていて、これでもかと光っています^^;
ひと昔前のiPod touchを思い出しますね!

今回のXのデュアルレンズからは広角望遠共に光学式手ぶれ補正機能がついたためか(?)、若干レンズ周りの面積が拡大していました。

アクティベートを終えたiPhoneX。
ホームボタンがないその姿は一瞬何かのAndroid端末かと見間違えてしまいそうです。

ファーストインプレッション

開封して1~2時間でこの記事を書いているので詳しい使用感などについては、また1週間後くらいにレポートしたいと思いますが第一印象を。

まずPlusユーザーからすると、小さくて持ちやすい!が最初手に持った時の感想です。

本体サイズは小さいのに液晶は大きいというのがXの何よりもの特徴の一つです。

ホームボタンが無くなったことにより、ホームに戻る動作が画面下から上へスワイプするとか、通知センターを開くには画面右上から下へスワイプだとか、操作感は今までのiPhoneとは明らかに違い慣れるまではかなり戸惑うかもしれません。

少しずつ慣れていこうと思います!

明日以降からはしばらくiPhoneX関係の記事が続くと思いますので、ご興味のある方は是非チェックお願いします♪

iPhoneXを予約された方はもうケースや保護ガラス、フィルムは見つけましたか?
既にそこそこの種類が出始めてきているので、まだ見つけていない方は良さげなのを見つけに行きましょう!

by カエレバ

 

by カエレバ

 

スポンサードリンク