どうも、でんたんです。

今回はブログをやっている方以外にはあまり興味が湧かなそうな内容です。

特に今の私のようにブログを始めたけど思ったように人が来なくて悩んでいるような方にこそ見て欲しい内容です。

Twitterをやっている方は知っている方も多いと思いますが、タイムラインを流しているとたまに流れてくるプロモーションツイート

どこかの企業の商品やアプリ、サービスの宣伝ツイートをアカウントのフォロワーでない人のタイムラインにも表示させるTwitter広告。ざっくり言えばTwitter全体に自分のツイートを広めることです。

これ実は法人じゃなくても個人で簡単に出来るらしい・・・。

それが「セルフサービス式のTwitter広告

このブログは完全素人が独自ドメインで2017年8月1日からスタートし、記事数はこの記事で31記事目、現在の1日の平均PV数は約50PVくらいです。

この50という数字も私が記事が出来たら自身のTwitterで告知ツイートをしてそこからフォロワーさんが入ってきてくれたり、拡散してくれて他ユーザーが入ってくる数が大半を占めている現状です。

こんなブログがTwitter広告を使うとどうなるのか?

独自ドメインで作成し記事数が30そこらなので、まだまだ過疎だと嘆くレベルではないのかもしれませんが、気になりませんか?

その検証結果をお伝えします。

スポンサードリンク



Twitter広告を出すまでの流れ

※この記事はTwitter広告のやり方の趣旨の記事ではないので、詳しい説明は省略させて頂きますが簡単に説明。

Twitterアナリティクスから準備開始

まずこれはGoogleアナリティクスのTwitter版のTwitterアナリティクスという解析サイトがあるので、こちらから準備を始めていきます。

自分のそれぞれのツイートはどれだけのユーザーに見られたのか、ツイートにURLがあればどれだけリンクをクリックしてくれたのか、そのツイートからプロフィールに何回飛んだのか、そのツイートによってフォロー数がいくら増えたのかなど細やかな情報を見ることができます。

まぁこのくらいならツイートアクティビティから見ることはできますが・・・。

広告の種類を選択

一概に広告を出すといっても種類があるみたいで、現状は下記の6種類。

・ブランド認知度の向上
・フォロワー
・プロモビデオ再生数
・ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン
・ツイートのエンゲージメント
・その他

これらはその宣伝ツイートでどんな結果を望むのかに対して広告の種類を選ぶようです。

今回私が試したのはウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンです。

これは記事やブログのURLをつけた宣伝ツイートからサイトに飛んできてもらう事を目的とした広告スタイルです。

PV数を増やしたり、ブログの存在を知ってもらう意味合いが強いと思います。

料金について

広告ってすごいお金がかかるんじゃないの?と思いましたが、意外や意外。

実は予算は自分で決めることが可能
だからセルフサービス式なんですね!

今回のウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンの広告スタイルでの料金が発生するタイミングですが、広告が実際に動き出してリンクをクリックした瞬間にお金が発生します。

つまり広告が表示されるだけならタダ、その広告を見て気になった人が実際にリンクをクリックして自分のブログに来てくれた時に初めて課金がされる仕組みになっています。

1クリックあたりの単価は自分である程度の範囲でいくら〜いくらと設定が出来ますが、今回は最低の1クリックあたり195円を選択。
(実際はこれより少ない金額が請求されるようです)

ターゲッティング設定

広告スタイル、予算を決めたら次は広告のターゲッティングを設定していきます。

Twitter広告では広告を出す時間、地域、端末、ユーザー層などをかなり細かく指定することが出来ます。

闇雲に広告を出すよりも、ある程度ターゲットを絞った方が結果的にブログに訪れてくれる方は増えると思います。

さぁここまで来ればあとは宣伝ツイートを作成し実行するだけです!

結果

まず今回宣伝した記事は「これだけで生きていける!?完全食COMPグミを試してみた」のこの記事。

ガジェット関係などテクノロジー系をメインコンテンツとしている傍、こういう面白い食品系もたまに紹介していきたいと思い作った記事なんですが、何とこのブログNo.1のPV数となってしまっています^^;

嬉しいのですがちょっと複雑な心境・・・(笑)

しかしせっかくなのでこの記事を宣伝に使ってみることにしたのです。

実行期間は10月5日の18:00-23:30までの5時間半に設定。
予算は3000円。

まずはこちらをご覧ください。

10月4日の「むしろ身体に良い電子タバコ!?VITAFULを恐る恐る試してみた」記事のツイートアクティビティ。

10月5日同日の「エナジーとは違う次世代リラクゼーションドリンクCHILL OUT」記事のツイートアクティビティ。

ブログの記事宣伝には本アカウントの【でんたん】で今は主にしています。
ブログの公式アカウントの【ガジェットの海/でんたん】も作りましたが、まだまだ動き出したばかりのアカウントです。

本アカウントでのツイートで最近は大体このくらいの反応数があります。

これでいつもはインプレッション数はRT数によりかなりバラツキがあるものの、リンクのクリック数は30~40ほど。
もしくは10以下の時もあります・・・。

 

 

そして

広告で出した記事は・・・

ドンッ!!!

どうですか?
まずインプレッション数が訳分からないことになってますね^^;

1万人以上の人のタイムラインに私のブログ記事が流れ、そこから300人以上の方がブログを訪問しにきてくれました。

リンククリック率は約3.3%。

1人あたりのクリック単価は約9.11円という結果が出ました。

正直3000円でここまでの結果が出るとは思いませんでした!

ただそこからのRTによる二次拡散力はほとんどなく2~3RTほどで終わってしまいました。
(多分サムネのインパクトの無さが問題かな?)

もちろんコンテンツのジャンルによってここはかなり上下するので一概には言えませんが、一次拡散力に限ればものすごい効果でした。

まとめ

今回の検証結果を踏まえて一番言いたいこと、それは

どんな無名ブログでも人の目に触れさえすれば来てくれる人は確実にいる

ということです。

「いやいや、まずその最初の拡散力がないと無理でしょ」
「それはお金で広告を出したからでしょ」

という声が上がるかもしれませんが、ごもっともです。

しかし、お金を払って広告を出したお陰でこのブログに今までの10倍以上の方が来てくれたのも事実。

つまり諦めないで欲しいということ。

広告の力を借りずとも続けていれば確実に認知度は広がっていくと思います。

大丈夫、あなたのブログにもきっと人は来てくれます。

もし私で良ければコメントを頂ければブログ仲間として繋がらせて頂きたいと思っています^^

 

ブログの宣伝は様々な方法があり、その中の一つの手段として今回はTwitter広告を紹介しました。

効果は以上の通り。

予算を組めば組むだけ人が流入して来るでしょう。

しかしお金がかかることなので、経済的な余裕がある時にだけする方法として頭の隅に置いておくと良いかもしれません。

そして使い所としては自分の中でこの記事は絶対伸びる!と自信のある記事にだけ広告を出してみると良いでしょう。

何か宣伝宣伝言いすぎていやらしい記事内容になってしまいましたが、必ずある程度の結果が望めるTwitter広告を使ってみた結果報告でした^^;

スポンサードリンク