スポンサードリンク



どうも、でんたん(dentan_gadget)です。

これを読んでくれている貴方はどんなモバイルバッテリーを使っていますか?

私は既に10000mAh、20000mAh、2000mAhと実に3種類のモバイルバッテリーを持っているわけですが、今回また今まで持っていなかったタイプのバッテリーを試してみました。

Akeem 22000mAhソーラーモバイルバッテリー

Akeemというメーカーのソーラーパネルがついたモバイルバッテリーです。
今時ソーラーバッテリーなんてそこまで珍しくないのかもしれませんが、ソーラーパネルなんて私は最後に触ったのは学校の低学年教材か何かに付いてきたやつ以来ですよ・・・。

箱の中にはバッテリー本体の他に、日本語の怪しい説明書と充電用のMicroUSBケーブルが入っていました。

20000mAh超えのモバイルバッテリーともなると、そこそこな大きさと重みがあります。
大きさはiPhoneのPlus機種とほぼ同じくらい、重量は444g。

容量にして22000mAh/81.4Whという大容量にソーラーパネルがついたモバイルバッテリー。
大体のスマホは6~8回満充電することができます。

やっぱり気になるのはソーラーパネルです。
ここで充電できるのは分かりますが、一体どの程度のものなのか?

説明書によると5V/200mAh/1wという仕様が書いてありました。
・・・まぁこの小さな面積なので、そこまで期待してはいけませんね。
晴天の日で10数時間充電させてやっとスマホ1台分の電力を生むことができるくらいでしょうか。

バッテリー残量は本体上部のインジゲーターの光の色で表されます。
ホワイト点滅で100~80%。
ブルー点滅で80~40%。
レッド点滅で40~0%とのこと。

スポンサードリンク



側面には電源ボタンがあります。
ちなみにこのバッテリーは充電中ずっとインジケーターが点滅するようで、神経質な人は気になってしまいそうです。

ソーラーパネル以外の特徴として、このサイズのモバイルバッテリーにしては珍しくUSBポートが3ポートあるので、3台同時充電が可能です。
また出力は5V/2.1AなのでiPadのようなタブレット端末も一緒に充電できます。

更にUSBポートの隣に何やら小さな端子が2つあります。
上はMicroUSB端子ですが、その下は何とLightning端子になっていてiPhoneと同じ感覚で充電することができます。

こういったモバイルバッテリーって大体がMicroUSB端子充電になっているので、iPhoneユーザーにとってはモバイルバッテリーのためにUSBポートを1つ用意する必要があるため、こういった仕様は嬉しいです。

まとめ

最初はソーラーパネルの物珍しさに引かれて買ったものですが、届いてみてからLightning端子による充電もできると知り、そこだけでかなり好感が持てました。

肝心のソーラーパネルですが、いくらこれを買ったからといって充電をここに頼るというのは普段の日常生活の中ではあまり無いかと思います。

連日ずっとキャンプ!とか、数日間山に篭ったりなどのエクトリームな環境時でない限りは出番はそこまでかと・・・。

ただ災害時や何かの緊急時のことを考えると、やっぱり付いていた方がいいですよね。

もちろん普段使いでもUSBが3ポートや充電端子を選べたり利便性は非常に高いモバイルバッテリーなので、気になった方は是非チェックしてみて下さい!

それではまた次回。
(このバッテリー、実は2個買っt・・・)

今回紹介したソーラーモバイルバッテリーです。

by カエレバ

同じ20000mAh級のバッテリーだとこれも持っています。
やはりこのクラスになるとそこそこ重いんですよね。

by カエレバ

私が初めて買ったモバイルバッテリーはcheeroのPowerPlus2というものでしたが、現在は3が発売されています。

by カエレバ

スポンサードリンク