よく現代人は目を酷使しすぎて目が疲れていると言われています。

その主な要因は液晶から発せられるブルーライトじゃないでしょうか。

私も普段スマートフォンからPCからタブレットからゲーム機など、沢山の液晶に囲まれて生活しています。
毎日何時間も液晶を眺めています。

それに加えただでさえ長時間目を使っているのに、このブログを始めたお陰で?更に液晶を見ている時間が伸びたような気がします。
それのせいか頭痛や目の痛みが以前より頻繁に起こるようになってきたのです。

デジアイとかの目薬も使ってはいますが、根本的にどうにかしたい。
そこで液晶から発せられるブルーライトを軽減するPCメガネを購入してみる事に。

ですが実はPC用メガネというものは過去に1度買った事があり、今回は2回目になります。
その時に買ったものは千円ちょいくらいで買った安物でした。

ブルーライトカットの効果はそこそこありましたが、それよりも覚えているのはメガネをかけて1~2時間くらいですぐ耳が痛くなってきた事です。
いくらPCメガネと言ってもかけてすぐ耳が痛くなるのではたまりません。

そのまますぐに捨ててしまいました・・・^^;
(安物買いの銭失いですね)

そんなこんなで再びPCメガネを買ってみましたが、過去の二の舞にはなりません!
今回購入したのはこちら!




JINS スクエア ハイコントラストレンズPCメガネ

Amazonにて購入 ¥4,190 Amazon商品リンク

値段は四千超えと少し高め。
しかしAmazonでの評価が非常に良かったので購入してみました。

パッケージはプラスチックの簡易的なものになっています。
ちなみにこのJINSのメガネ、フレームの色がかなりの種類選べます!
今回私はGRAYモデルを選んでみました。

付属品としてこのようなポーチも付いてきます。
これは地味に嬉しいですね!

購入の際に抱き合わせでケースも買いませんか?と言われましたが、とりあえずメガネだけ欲しくて断ったので嬉しい誤算でした。

肝心のメガネのブルーライトカット率は38%です・・・!
と言っても分かりにくいと思うので、実際にかけた感じでの様子をご覧ください。

PCメガネってブルーライトの通す量を減らす為に特殊なレンズを使っているので、どうしてもかけると視界が黄色くなります。
しかしそれがブルーライトを減光できている証拠。

ブルーライトのカット率を上げれば上げるだけレンズの黄色味が増していきます。
確かにカット率は上がりますが、やはり視界が真っ黄色になってきます。

そこでこの38%というカット率は、確かに視界は黄色くなるけれど不自然な程ではないレベル。
かなり丁度良い色味に感じました。

もしこれでもっとカットしたいと思えば、モニターの設定で色温度を変えれば良いかな〜と思ったので、このモデルのチョイスは正解でした!

普段メガネなんてこういう機会にしか使わない人間なので、外観に関しては素人目線で素晴らしかったですね。
レンズは小さめなのでサングラス感も無く、スタイリッシュじゃないですか?

やっぱり少しだけお高いですが、レビューの通りとても良い感じです。

当たり前ですが、これをかけたからと言ってすぐさま目の疲れが消える!なんて事はありません。
ただ実際にこのメガネをかけて当記事を書いていますが、確かに疲れ方は違いました。
目の奥まで響いてこない感じといえば分かりますかね。

メガネ自体が軽いので長時間つけていても、耳が痛くなるような事も無く言うことなしでした。

by カエレバ