スポンサードリンク



どうも、でんたん(dentan_gadget)です。

今回はキャンパーならほとんどが知っているかもしれない、ド安定のSOTOのレギュレーターストーブ「ST-310」のお話です。

今更紹介するほどでもないくらいには有名なガスバーナーなんですが、その使い勝手の良さはピカイチなので取り上げてみましょう。

私もずっと何度もお世話になっています。

SOTO ST-310

ST-310の大きな特徴の一つとして、こんな風にコンパクトに折り畳むことができる点があります。
この状態だと手のひらに乗るほど小さいので、荷物にならないところが良いです。

付属のポーチにはこの状態で収納します。

展開するとこんなクモのような脚が開きます。
開いた大きさは高さ約11cm、幅16cmとこれでも小さいのでコンパクトテーブルなんかにはちょうど良い大きさです。

ガス缶とガス調節は対になっていて、こちらにはガス調節つまみ。
その下の黒い部分が着火ボタンとなっていて別途イグナイターなどは不要です。

反対側にはCB缶を挿入するスロットがあり、その真上を覆う感じで遮熱板があるので炎の熱が直接缶に向かうのを防いでくれます。
遮熱板は若干上下に可動します。

CB缶をつけてみた様子。
なかなか一体感があって見た目は良いんですが、縦に長くなってしまいます。
大体外で使うとなると風防が必要になってきますが、縦に長いと風防との相性が悪く工夫して使う必要があります。

ガス缶の部分だけ切り取った風防ってないですかね・・・。

一応五徳には滑り止めの溝があります。
が、これは気休め程度に考えた方が良いでしょう。

気温が低くても火力が落ちない、ドロップダウンすることなく長時間の高出力を発揮するマイクロレギュレーターなる機能があるみたいですが、本当に安定した炎が出続けくれます。
気温が氷点下でない限りは活躍してくれます。

実際以前行ったキャンプでも朝方は気温4度くらいまで冷え込みましたが、特に問題なく使えましたね。
(通常のブタンガス缶使用)

スポンサードリンク



炎の出る部分の内径が47mm、五徳を合わせた外径だと130mmなので1人で使うクッカーや鍋はほとんど乗せることができると思います。
シェラカップは余裕ですね。

フライパンも。

深めの鍋も。

ケトルも。

メスティンも乗ります。

1~2人サイズならこんな鍋も乗りますね。
これでよくキムチ鍋とか湯豆腐をやったことがあります。

ただ色々乗るわけですが、脚がどうしてもぐらつく構造になっているので重い物を乗せる時は注意が必要になります。

まとめ

購入から2年ほど経ちましたが、壊れる様子もなくとても便利に使うことができています。
火力も申し分なくトロ火から轟火まで出るので、火力不足で使えないっていう人はまずいないかと・・・。

私は年に2~3回しかキャンプに行けてないのですが、そのペースのせいかガス缶も未だに1本しか消費していません^^;
サブにはもちろん、メインガスストーブとしても使えるSOTO「ST-310」の紹介でした。

もっぱら私はこれをメインに使っていますが、実はもう一つ面白いストーブも持っています。
それはまた次回。

今回ご紹介したST-310です。

by カエレバ

ST-310には純正でオプション品が豊富にあります。
実は風防もあるんですが・・・。

by カエレバ

風防などを含めた本体を収納できるハードケースみたいなのもあるようですね。

by カエレバ

着火ボタンを押しやすくするアダプタ?

by カエレバ

これがすごく気になっています。
溶岩プレート上で焼肉ができるんですよ!

by カエレバ

寒い時にはイソブタンやプロパンが良いのですが、未だにブタンガスしか使ってませんね。
流石に雪中なんてできる装備は持ち合わせていません・・・。

by カエレバ

スポンサードリンク