小さいのに多彩な機能を併せ持ち、一つで多くの仕事をしてくれるマルチツール。

これがアウトドアに出向くと役に立つ時は本当に役に立つのです!
(もちろん普段使いにも)

マルチツールは各メーカーから様々なモデルが発売されていますが、今回は私が露営を始める時に一緒に購入して使用2年が経ったVICTORINOX(ビクトリノックス)のマルチツール|ハントマンを紹介してみます。

ただ使える機能がある反面、全く使う機会がない機能があるのもまたマルチツール・・・?

スポンサードリンク



VICTORINOX(ビクトリノックス) ハントマン

ハントマンはビクトリノックスの中型マルチツールです。
重さ97gの体には15種類の機能が詰まっています。

まずメーカーについてですが、ビクトリノックスはスイスを本拠地とするマルチツール納入業者として知られているナイフ製造メーカーです。

1884年の創業以来、様々な多機能ナイフを製造してきています。

ビクトリノックスのマルチツールには機能が10種類以下のものから、30種類以上のものまで幅広い商品展開がされています。

今回のこの「ハントマン」は15種類という中間的な位置にあり、何十種類もはいらないけど最低限以上の機能は欲しいという方にオススメのマルチツールですね。

会社のロゴには特徴的な十字マーク、これはスイス国旗をモチーフにしたものが使われています。

15種類の機能

1ラージブレード

私は何よりこれが最も使用頻度が高いですね〜。
未だに露営で何か材料を切る時はこれを使ってるのですが、そろそろちゃんとしたナイフを買わないとですかね・・・。

刃渡りは6cm。

2スモールブレード

刃渡り3.8cmの短いナイフ。

ラージブレードがあるのでこっちの使用はほぼない感じです^^;

3缶切り 4スクリュードライバー(小)

缶切り機能と3mmのマイナスドライバーが一緒になっています。

5栓抜き 6スクリュードライバー(大)
7ワイヤーストリッパー

缶切りに加えこちらは6mmのマイナスドライバーです。
また根元にワイヤーストリッパーがありますが、個人的にこれが一番使い所がありません・・・。

8リーマー(穴あけ) 9ソーイングアイ(糸通し)

ここは未だに使ったことがありません。
リーマーは肉の下ごしらえで穴を開ける時などあるかもですが、糸通しはどう使えばいいんだろう。

スポンサードリンク



10マルチフック

「何か」を引っ掛けられるもの。
しかしその何かは、未だに知りえません。

11コルク抜き

お酒(ワイン)を呑む人にとっては有難いのでしょうが、何せ私は飲まない人なので無用の長物です(´ー`)

お酒以外で何か洒落たコルク付きの飲み物でもあれば・・・(汗)

12ハサミ

切れ味もそこそこのハサミです。
使用頻度はラージナイフの次に高いですね。

アウトドア用にと100均のハサミを買ってはいるのですが、それ使わずにこっちをずっと使っています(苦笑)

13ノコギリ

刃渡り7.3mmのノコギリです。
これは焚き火をする際なんかに、焚き付け用の小さい薪を作るのにたまに使いますね。

大きさの割には使いやすいです。

14ピンセット

あると何かと助かりそうなピンセット。
出来れば使わずに済みたいものです。

15つまようじ


これは使いません(キッパリ)

素材はプラスチックなので洗えば繰り返し使えそうですが、気分的にも嫌ですしわざわざこれを使う意味があるのか^^;

まとめ

私は基本的にアウトドアでしか使う機会はありませんが、やはり持っておくと何かと便利だなとこの2年間で感じました。

ただ、もう少し安いと良いんですけどね・・・?

正直プライヤーが付いたものも欲しいんですが、中々手が出しにくい値段だったりするのが玉に瑕です。

中には「こんなものまで必要?」なんて面白い機能が付いてるのもあるので、見てみるだけでも面白いですよ〜。

by カエレバ

スポンサードリンク