どうも、でんたん(dentan_gadget)です。

現在絶賛プレゼント企画をTwitterで開催中です。
今回はまだまだ回数は少ないながらも、過去のプレゼント企画のお話や何故プレゼントをするのか?などといったお話です。

少し核心に迫ります(笑)

最初に

まずガジェットの海が実施しているプレゼント企画についての説明です。

プレゼント企画についての規約

「Twitter連動プレゼント企画について」

まずこちらにガジェットの海が開催するプレゼント企画に応募参加するための、規約等が明記してあります。
必ず一読して頂いてから参加して頂くようお願い致します。

過去のプレゼント企画(実績ページ)

過去のプレゼント企画

こちらのページにはガジェットの海が過去に開催したプレゼント企画の開催期間や内容、当選者発表から当選者からの報告などの全ての情報を公表させて頂いています。

今現在プレゼント企画というのはかなりの数の企画が存在しています。
個人だとブロガーやYoutuberなどが大半を占めると思います。

しかし残念なことにその中には応募者を沢山募っておきながら、いざ当選発表の時に発表がなかったり、そもそも当選者自体が見つからないなど曖昧な企画も多いのが現状です。

単にフォロワーやチャンネル登録者を増やす目的等だけでの企画発案をしている人は事実いるわけです。
このような人々のお陰で「プレゼント企画」というワード自体に疑いを持たれているのも事実かと思います。

そういった不安を少しでも取り除いてあげて応募参加して欲しいから、この実績ページは必須なのです。

当選者からの声

他サイト様からの掲載

これは私も当初は予想もしていませんでした。
私のプレゼント企画に応募して下さる方の中には、ご自分でブログサイトを運営されている方が結構いました。

ブロガーの方が当選して、賞品を送ると何と嬉しいことに「今回のこと記事にしていいですか?」と聞いてきてくれる方がいたのです。

もちろん全て快諾しております。
書いて頂いた記事を拝見させてもらうと、みなさん非常に丁寧に書いてくれていて、温かい感謝の言葉を頂いて私も非常に嬉しい気持ちになりました。

勿論ブロガーじゃない当選者の方からも感謝の言葉を頂いていますが、こういった形で感謝をして頂くと本当に嬉しいものです。
今では私の宝物の記事です!

今まで4人の方から記事を執筆して頂きました!

なぜプレゼントするのか?

私の行なっているプレゼント企画の概要を説明したところで本題です。
なぜプレゼントするのか?

私が行なっているプレゼント企画ではTwitterアカウントのフォロー、該当企画ツイートのRTの2つを応募方法と定めています。
当選者へは勿論送料なども一切のお代を頂かずにプレゼントを送付しています。

いきなりですが敢えて包み隠さずに言います。
プレゼントを無料で送るには当たり前ですがお金が必要になります。

賞品そのもののお金の他に、送料や梱包費もかかってしまいます。
現状では全て私が負担して貯金を崩しつつ企画を動かしている状況です。

10月末から実験的に始めたプレゼント企画ですが、現在では商品プレゼントに電子マネープレゼントと最低2つの企画を同時進行させるようにしています。

元々は私も「Twitterのフォロワー数を増やしたい、サイトの認知度を広めたい」というよくある浅はかな理由でした(笑)
応募方法をフォロー&RTにすれば少なからずフォロワー数は増えるし、サイトへの入り口も増えますからね。

ゲスく言えば自分のお金を使ってフォロワー稼ぎと言われても何とも言い返せないことです。

 

しかし、いざ企画をやってみると考えがコロッと変わってしまいました。
プレゼントを送ると皆さんが非常に喜んでくれたのです。

それからというもの私はフォロワーやサイト訪問者稼ぎ目的よりも、いつの間にか皆さんに楽しんでもらいたい喜んでもらいたいという一心だけで企画を行なっていました(笑)

そしてとあるブロガーさんが当選者となりプレゼントを送ると、ものすごく嬉しい感想の記事を書いてくれたことによって私の気持ちは爆発しました。

これ楽しい!

これからの目標とお願い

フォロワー数云々じゃなくて単純に楽しい嬉しい!
これをもっと真面目にやっていきたい!

とはいえ、やはり継続的な企画活動をしていくには資金が必要です。
そのためには信用度や拡散力の意味でフォロワーという数字も重要になってきます。

そこで来月12月は一気に今までの数倍の資金を投入して、企画規模を拡大し更に多くの方の目に触れる機会を増やす計画をしています。

この記事を見て頂いたあなたの拡散が今後の企画を更に大きくしてくれます!

厚かましいお願いなのは重々承知しておりますが、どうぞよろしくお願い致します!!!

私のTwitterにも気軽に話しかけて頂けると嬉しいです(^o^)